がん保険は、治療に合わせて選びましょう。

がん保険は、治療に合わせて選びましょう。

がん保険は、治療に合わせて選びましょう。 日々医療が進歩し、がん治療も様々な方法が取り入れられるようになってきました。
特に最近では入院を長くしてしっかり治すのではなく、入院を必要最低限の日数にして、後は抗がん剤や放射線などをうまく利用して通院で治療するというケースが増えてきています。
場合によっては入院もしないケースもあります。

将来自分ががんを患ったとき、どのような治療になるか予想するのは難しいかもしれませんが、がん保険に加入するのであれば、治療方法についても視野に入れなければなりません。
治療の変化と共に、がん保険も多種多様になってきました。

従来の保険は入院日数1日あたりに決められた金額の保険料が支払われるというものでした。
ですが最近では、がんと診断されたら一時金として一定額の保険料が支払われるものや、抗がん剤や放射線治療1回あたりに保険料が支払われるものなどがあります。

前述したとおり、がん治療は入院日数を減らし、通院をするという流れになってきています。
そうすると、入院代だけではなく、その後の通院の際の交通費や食費などが必要になってきます。
そのようなお金は従来の保険では十分に補填することができません。
自分の将来の治療をよく考え、がん保険に加入してください。

〔トピックス〕